読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクノ作る時間

バイトと学校を除くとほぼ引きこもってる学生のブログ。主に映画の感想とノベルゲーの紹介。週一更新から不定期に移行。

『ルートダブル -Before Crime * After Days-』クリアしたので感想を。

テキストアドベンチャーゲーム ゲーム もっと知られるべき! 感想・紹介

f:id:Lemuridae:20160905214230j:plain

『ルートダブル -Before Crime * After Days-』をクリアしたので感想を書く(終わってしまって寂しいなあ…)。この記事ではできるだけネタバレは控えるけれど、その魅力を伝えるために少しだけネタバレをする。それが嫌な人はここまでで。

 

『ルートダブル -Before Crime * After Days-(るーとだぶる びふぉーくらいむ あふたーでいず)』は、火災事故が発生し、外界と隔絶された極限状態の原子力発電所に取り残された登場人物たちの脱出劇を描いたSFサスペンスアドベンチャーゲームだ。

まず初めに書いておこう。このゲーム、非常に面白い。総プレイ50時間以上の大ボリュームに加え、それを彩る豪華な演出、美麗なイベントCG、クオリティの高いムービーや音楽、フルボイスの声優陣の演技など、相当に丁寧に作られている大作である。かなりお金がかかっているんじゃないかな。なんとノベルゲームにしてインストール容量が5.8GBだ!

この面白さとクオリティなのに、どうしてこんなに知名度が低いのだろうと疑問を抱かざるを得ない

 

プレイヤーは記憶を失ったレスキュー隊の隊長、または事故に巻き込まれた男子高校生のどちらかを主人公に選び、原子力発電所からの脱出劇を見届けることになる。最初に選べるルートは2つ。火災事故発生後の極限状態を描いたルートアフターと、火災事故発生前の日常に異変が現れ始める様子を描いたルートビフォーだ。この2つのルートは趣がまったく異なるものになっている。前者はパニックサスペンスとして手に汗握る緊迫感のあるシナリオで、後者は いわゆるギャルゲー然とした青春ものだ。どちらから始めるかでこのゲームに対する印象が大きく変わると思う。

 

巨大な原子力発電所にて事故、発生。隔壁が下され、地下に閉じ込められた9人は、刻一刻と死が蝕んでいく世界を抜け出す術を探す。頻発する不可思議な現象。多くの謎。そして…閉鎖空間の中で発生した猟奇的な大量殺人。この極限状態から抜け出す鍵(ルート)は2つーーー。果たして生還の道はあるのか?

 

このあらすじでピンときた人は楽しめると思う。筆者はサスペンス要素の強いルートアフターからプレイしたのだが、序盤から引き込まれる素晴らしいシナリオで、これはひょっとするととんでもない傑作なのでは…?と冒頭からワクワクさせてもらった。そして終盤までダレることなく物語は加速し続け、膨大なテキストに全てのキャラクターの人生が描かれ、それらが交錯し、最終的に大団円を迎える。端的に言って素晴らしいね。

クリアして思い出に残る好きなゲームになったのだけど、実は筆者個人としてはこのゲームのキャラクターデザインはあまり好きではない(それでもクオリティの高い絵であるとは思ったけど)。しかし絵柄が好みでなくともキャラクター達はみんな魅力的だった。筆者は気が短くて、ギャルゲー的なものをプレイしていると、狙いすぎたアザとい喋り方をするキャラクターや恋愛脳のキャラクターにイライラすることが少なくない人間なんだけど、このゲームには嫌いなキャラクターが1人もいなかった。筆者の気が短い性格に加え、絵柄が好みでないことも考えると、これは凄いことである(笑)。本当にキャラクター達が魅力的だ。ドラマCDとかがほしくなるね。

 

このように、圧倒的なボリュームに張り巡らされた伏線が見事に回収される先が読めないシナリオと魅力のあるキャラクターは見事なのだが、残念ながら完璧とは言えない。このゲーム、まともに推理サスペンスとして読み進めていると、作品独自のSF設定やトンデモ理論によってありえない展開が訪れるのだ。もちろんそういう展開はこの手のジャンルでもよくあることであるし、そもそもこのゲームはSFサスペンスアドベンチャーゲームである。筆者としてもそれはわかっていたんだけど、それでもこのゲームは物語の根幹を動かす部分において、作品独自の設定を多用しすぎていると思った。この作品の設定やルールのもとでの伏線の回収やトリックが破綻していないので、完成度的な意味での難点にならないんだけど、もう少しSF的な展開を抑えてほしかったかな。こういう魔法や超能力がありますってルールをもう少し早い段階から事前に説明してくれていたら、テキストアドベンチャーゲーム史に残る神ゲーになれたと思う。ああ…もったいない。

 

というわけで、『ルートダブル -Before Crime * After Days-』の感想でした。 とっても面白かったし、もっと話題になるべきゲームである。というかこれだけのものを作ってこの知名度って、作り手さんはへこんだだろうな…。

XBOX360WindowsPS3PSvita(ダウンロードのみ)とたくさんのハードで発売されているので、ぜひお手持ちのハードでプレイしてほしい。クリア後にタイトルの意味が分かって鳥肌が立つよ! 

というわけで、読んでくれてありがとう。

 

ルートダブル~Before Crime After Days~Xtend edition (通常版)

ルートダブル~Before Crime After Days~Xtend edition (通常版)

 
ルートダブル Before Crime After Days(通常版)

ルートダブル Before Crime After Days(通常版)