読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクノ作る時間

バイトと学校を除くとほぼ引きこもってる学生のブログ。主に映画の感想とノベルゲーの紹介。週一更新から不定期に移行。

『君の名は。』 ノベルゲー好きの感想。

映画 感想・紹介

日本映画史に残るほどの大ヒットをしている新海誠監督最新作『君の名は。』を観てきたので感想を書く。なお、既に公開から一か月以上たっているからネタバレしてもいいだろうということで、この記事は映画の核心部分といえるところまで触れる。もし未見の人がいたら、ここでお引き取りください。それでは。

f:id:Lemuridae:20160929161813j:plain

最初に簡潔に言うと、面白かった。数々の絶賛を耳にしてかなり高い期待値で観に行ったのだけど、期待以上の面白さでした。良い意味で期待を裏切られたよ。男女の身体が入れ替わる話、という前情報しか入れて行かなかったのが良かったのかもしれない。というのもこの映画、“入れ替わりもの”というある種のシチュエーションコメディとして見ると、実はそんなに斬新でもないし、特別面白いわけでもない。“男が女の身体に入って胸を揉む”とか、“女が男の身体でトイレに行くのに赤面する”なんてシーンは同じジャンルの他作品で飽きるくらい見たし、既視感の嵐である。しかし勘違いしないでほしい。斬新さがないからといって、つまらないと言ってるわけではない。言わばそれは王道であり、約束された確かな面白さがある。王道の良さと丁寧な作画・アニーメーションで描かれる新海誠作品ならではの映像美とが重なって、序盤からかなり良い。しかしそうは言っても、この辺まではそこまで絶賛するほどの出来でもない。筆者が気に入ったのはむしろ中盤以降のたたみかけるような物語展開だ。

 

この映画、途中からジャンルが変わる。入れ替わりコメディから、壮大な時間の流れを舞台とする時空超越ファンタジー(むしろSFか?)になる。これにたまげた。良い意味で予想を裏切られた。そして思った。これは俺が大好きなタイプの映画であると。思ったんだけどこの映画、なんかノベルゲームっぽくないだろうか? 別にオープニングがそれっぽいからとかそんなつもりで言っているわけではない。しかしこれらの要素を見てほしい。

  • 歴史ある神社が登場
  • 人里離れた田舎が舞台
  • 人格交換現象
  • 時空を超える祠
  • 時間軸を超越し、主人公が悲劇的な未来を変えて大団円に
  • 主人公が2人(マルチサイト)
  • トゥルーエンドっぽいあの感じ

2000年代くらいのノベルゲームっぽくない!? 『クロスチャンネル』とか『Never7』とか『シュタインズ・ゲート』っぽくない?ん?そうでもない?

そうですか…(´・ω・`) 

まあ自分で言っといてあまり似てない気もしてきたけども…。しかし!しかしだ!筆者は2000年代くらいのノベルゲームが好きだから、なんか似てるのが嬉しかったのだ!いや、もうぶっちゃけよう。infinityシリーズっぽいから好き!(笑)。別にパクリとか言ってるわけじゃなく、『Remember11』にそっくりなんだよ、この映画。んでもって筆者は『Remember11』が好きだから、そら『君の名は。』も好きだよねって話。なんならもう、『君の名は。』をノベルゲームにして、終盤の主人公たち頑張りラッシュを、選択肢に悩むことで自分も苦労したい。そして素晴らしい映像美の彗星を眺めるあの最高のシーンを、ゲームならではのカタルシスで味わいたかった。この中盤からの展開の、ノベルゲームのトゥルーエンドを見ているような爽快感は最高でした。特にヒロインのあの“走り慣れない女の子が全力疾走する感じ”は今敏監督の『千年女優』とか『パーフェクトブルー』っぽくて好きだ。あのシーン、絶対に濱洲英喜さんが原画やってると思うんだけど、違うかな?

 

その後、お互いの名前を忘れてしまってからの終盤の流れは少し長すぎたような気もしたけれど、それも許容範囲。ラストを盛り上げるためには良かったと思う。そしてこのラストが良かった。主人公たちが大人になってから突然、新海さんの過去作『秒速5センチメートル』っぽい雪の降る歩道橋とか、ジブリの『海がきこえる』みたいに駅ですれ違ったりする描写が出るから、ああ…やっぱ新海作品らしく切なく終わるのね…と思っていた。しかしなんとこの映画、ラストで2人は結ばれるんだよね。ああ、良かった。主人公の男の子がヒロインに話しかけようと勇気を振り絞るシーンで、新海さんの過去作でそれができなかったキャラクター達を見ていたから、もう思わず画面に向かって「がんばれ!」って声を出しそうになったよ(笑)。彼の作品を点ではなく線で追っている人にはたまらないラストでした。やっと前進したね。

 

まとめ。

というわけで凄く面白い映画でした。筆者はみんなが評価してるものを叩きたくなるキモい高二病の部分があるけど、今回はみんなと同じく絶賛です。今年は『シン・ゴジラ』といい『君の名は。』といい、東宝が凄いなあ…。なんか邦画の未来が明るい気がしてきた。そして年末のスターウォーズのスピンオフ『ローグ・ワン』も面白そうだし、2016年ベスト映画は決めるのが難しくなりそうだ。

というわけで、読んでくれてありがとう! あでぃおすぐらっしあ~。