オタクノ作る時間

外に出ることを好まない学生による、映画やノベルゲームの批評を主とした非営利ブログです。

『EVE burst error R』ネタバレ抜きで感想を。

テキストアドベンチャーゲーム史にその名を刻んだ名作『EVE burst error』の高解像度移植版『EVE burst error R』をクリアしたので、その感想を書く。最初に書いておくが、筆者がプレイしたのはプレイステーションヴィータ版である。非常に人気があるゲームなので様々な機種で発売されているみたいだけど、筆者は他の機種版に関しては知らないので、そこんとこよろしく。では前置きを終えよう。

f:id:Lemuridae:20161004220324j:plain

もともと、『EVE burst error(イヴ バーストエラー)』はPC用に発売されたアダルトゲームだったらしい。人気が爆発したのは一般向けに移植されたセガサターン版で、その後も実に多様な機種に移植された大人気ゲームなんだそうだ(数が多いのでその辺はちょっと把握できてない 笑)。筆者は前々からプレイしてみたかったので、リマスターされたVITA版の発売が絶好の機会だと思い購入。そしてしばらく手を付けずにいたところ、ようやく重い腰を上げてプレイし、遂にクリアした次第だ。

プレイし始めて最初に驚いたのは、異常なまでのキャストの豪華さだ。筆者が知っている声優さんだけでも、子安武人さん・三石琴乃さん・水谷優子さん・野沢那智さん・大塚明夫さん・若本規夫さん・茶風林さん・飯塚昭三さん・うえだゆうじ さん・渕崎ゆり子さん・高乃麗さん・田中敦子さん・堀江由衣さん・かないみか さんといったベテランさんたちがその名を連ねている。今までプレイしたノベルゲームの中で、キャストの豪華さという意味ではぶっちぎりのトップである。シンプルに嬉しいよね。

しかしこのゲームの肝はキャストにではなく、なんといってもそのシナリオにある。イスラム絵画の捜索を任せられた私立探偵 天城小次郎と、エルディア国(架空)大使の娘の護衛を任せられた一級捜査官 法条まりな という2人の主人公、2人の視点、そして彼らが関わる2つの事件が交錯するシナリオは非常に完成度が高い。マルチサイトならではの仕掛けが楽しくて、特にハッキングのシーンは最高だ。さらに、プレイ中に目にする様々な点に一連の事件との繋がりを見い出し、それが線になったときの快感がたまらない。全体に流れるハードボイルドな空気も良く、また登場するキャラクターもそれを演じる声優さんの力もあって非常に魅力的だ。純粋に彼らの動向が気になる。

ビジュアル面に関してだが、もとが1995年のゲームであるため、今となってはやっぱり古い。リマスターの際に現在でも通用するようにかなり手を入れたみたいだけど、時代を超えられたとは言えないんじゃないかな。完全に90年代の絵柄だ。追加されたCGとオリジナルのものが全然違っていて、追加CGが浮いていたのが気になった。一方、音楽に関しては古さを感じさせず、緊迫感を盛り上げてくれる音楽から日常の平和を感じさせてくれる音楽、酒場のジャズまでなんでもござれだ。特に酒場の音楽は気に入っている。

 

と、ここまで書いて基本的には面白かったゲームなんだけど、気に入らないところも少なくない。実は筆者はノベルゲームが好きでありながらも18禁のアダルトゲーム、いわゆるエロゲーが好きではない。そのため基本的にはコンソール機に発売される全年齢版しかプレイしないのだ。で、この『EVE burst error』も元はアダルトゲームだったと上述したわけだけど、このゲーム、全年齢版でも全然エロゲー臭が抜けていない。というか行為自体は映してないにせよ、事前と事後をがっつり映しているから、もう全然エロゲーなんだよね。だからいちいち主人公がヒロイン達に発情してそういう関係になるのがなんか萎える。無理やり感がすごい。まあジャンルを考えると的外れな批判なんだけどね(笑)。誰も見てないのはわかってるけど、電車内でプレイするのはちょっと恥ずかしかったぜ!

そして操作性、つまりゲーム部分に関してだが、これもちょっと辛い。がっつり90年代のコマンド総当たり式アドベンチャーで、始めのうちはその懐かしさから楽しくプレイできたんだけど、しばらくプレイしていると、やっぱりちょっとめんどくさいと思った。何度も“あたりの様子”というコマンドを押させられるのがかなりダルい(とはいえ製作側もそれはわかっているようでリマスター版にはヒント機能がある。このヒント機能をオンにすると目的地や選ぶべきコマンドが一目瞭然になるため、迷わずにエンディングまで行けた。でもそれじゃコマンド選択式の意味もないよな…)。

それからこのゲームの肝だと書いたシナリオにも不満があって、完成度が高く推理しがいがある事件が描かれているがゆえに、推理不可能に思える超展開はどうかと思った。真面目に推理した時間を返せ!

 

まとめ。

EVE burst error』は面白かったんだけど、筆者はあまり好きではないかな。特にラストはけっこう不満。そこまでの道程を楽しめたから良いっちゃ良いけどね。なんというか、操作性しかりキャラデザしかり、時代を超えるほどの名作とは思えなかった。ま、合わなかったんだろう。それと期待値が高すぎた。

というわけで『EVE burst error R』の私的な感想でした。読んでくれてありがとう!

 

↓オープニングがカッコよくて好き(^^)

EVE burst error R オープニング

EVE Burst error R

EVE Burst error R