読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクノ作る時間

バイトと学校を除くとほぼ引きこもってる学生のブログ。主に映画の感想とノベルゲーの紹介。週一更新から不定期に移行。

厳選 おすすめの名作ホラーゲーム 7選!

ゲーム

 この記事では筆者のオススメのホラーゲームを紹介させてもらう。初めに書いておくが、今から紹介するソフトは大半が10年以上前のものである。最新のゲームにしか興味がない人は読んでも意味がないと思うので悪しからず。

それでは、くどい前置きも必要ないと思うので早速始めていくぞ!

 

1.『biohazard』

f:id:Lemuridae:20160905233432j:plain

1本目から、もはや紹介するまでもない超メジャータイトルを紹介する。『biohazard』はサバイバルホラーの原点である初代バイオハザードのリメイク作品。このシリーズは大ヒットシリーズとして、たくさんの作品が発売されているけれど、筆者はいわゆるホラーゲームとしてのバイオハザードの中では、このリメイク版が最も完成度が高いと思う。オリジナル版を手がけた三上真司が自らリメイクした作品であり、彼が目指した“そこを歩く、という恐怖”は完璧な形でこのゲームに宿っている。難易度も初心者からゲーマーまで幅広く対応しているし、このゲームにはオリジナル版から引き継がれたサバイバルホラーの真髄がある。今ではリマスター版がps3やps4でもプレイ可能なため、古いゲーム機は必要ない。ぜひとも手に取ってみてほしい。

 

2.『クロックタワー2』

f:id:Lemuridae:20160905233459j:plain

個人的に非常に思い入れのあるゲーム。正直そこまで怖いわけではないが、ホラー映画のお約束がふんだんに盛り込まれていて楽しい。“少女が巨大なハサミを持った怪物に追われる”という、プロットを聞くだけで大体内容が予想できる斬新さのない内容だが、“敵から逃げるしかない・主人公を直接操作するのではなく画面内のオブジェクトをカーソルでクリックすることで間接的に指示を出す”という操作方法により、主人公が思った通りに動いてくれないもどかしさが“非力な美少女主人公”にフィットして、演出として上手くいっている。今ではゲームアーカイブスでも配信されているため、非常に安価でプレイ可能である。ぜひプレイしてみてほしい。

 

3.『かまいたちの夜

f:id:Lemuridae:20160905233536j:plain

名作ホラーサウンドノベル。雪山のペンションに猟奇殺人犯が…という内容。この作品はサウンド・音を非常に効果的な演出として用いているところに感心する。優れた推理ものでありながらホラーでもあり、ただ視覚的に驚かせるだけのなんちゃってホラーではなく、じわじわと追い詰められる怖さが見事だ。一回のプレイ時間が約1時間という適度な長さがプレイしやすく、プレイヤーが事件を推理・解決しなければ殺人は止まらないという緊張感はゲームならではのものである。こちらもゲームアーカイブスで配信されている。観ているだけじゃ解決されない、ゲームという媒体を用いたサスペンス空間を体感してほしい。

 

4.『DEAD SPACE

f:id:Lemuridae:20160905233600j:plain

日本では未発売のサバイバルホラーゲーム。『バイオハザード4』で確立された肩越し視点のTPSであり、映画『エイリアン』や『遊星からの物体X』などの影響が見られる。宇宙における圧倒的な静けさや孤独感。そしてそこに襲来する嫌悪感を感じるほどグロテスクなクリーチャーは恐怖以外の何物でもない。日本では発売できないほどの残虐描写による緊張感は尋常ではなく、初期のバイオハザードの志を継いだ名作である。少し英語が読める程度の筆者でもクリアできたため、言語の心配はない。通販などで手に入れてほしい。

 

5.『The Last of Us

f:id:Lemuridae:20160905233622j:plain

荒廃したアメリカを舞台にしたゾンビゲーム。もはや語りつくされ、称賛されつくした大傑作だから、説明は要らないだろう。筆者は骨太なゲームを求めて最高難易度、グラウンドモードにてプレイしたが、これがまあ難しくて…やりがいがあって最高でした(笑)。しかし難易度選択が多数用意されているため、初心者でも問題ないはずだ。現状において最高のサバイバルホラーゲームだと思う。

 

6.『DEMENTO

f:id:Lemuridae:20160905233653j:plain

PS2の名作ホラーゲーム。美少女を操作し、白いワンコと共に城から脱出するゴシックホラーである。もともとは『クロックタワー4』として製作されたものの、新たな客層に売り込むためにオリジナルタイトルとなったゲームでもある。システム自体は『クロックタワー3』から引き継がれているものの、それはさらに洗練され、完成されたものになっている。そして特筆すべきはロード時間の短さ! 何とほぼ皆無である。終盤に進むにつれ怖くなくなっていくのが残念ではあるが、総じて間違いなく楽しめるハズだ。本気で狂気を感じるゲームだよ。

 

7.『SIREN

f:id:Lemuridae:20160905233827j:plain

人生で一番怖い思いをさせられたゲーム。とにかく鬼畜な難易度で、いつまでたってもプレイヤーを解放してくれない。まさに“どうあがいても、絶望”である。小野不由美の『屍鬼』をベースに、スティーブン・キングの『呪われた町』やクトゥルフ的な上位神の要素、Jホラーの長所を取り込んだ演出に、これでもかと作りこまれた世界観。また群像劇であり、複数のキャラクターを操作していく中で、怪異に飲み込まれていく村のおぞましさを様々な視点から直視させられる。筆者の人生に一本!のお気に入りのホラーゲームであり、SIREN製作チームをいまだに応援している。PS2アーカイブスで配信されているため、PS3でもプレイ可能だ。とにかく怖いゲームをプレイしたい人はぜひ!

 

まとめ。

といわけでおすすめの7本を紹介させていただきました。VRが普及するとホラーゲームが復興しそうなので、楽しみにしております。なにかオススメのソフトがある人は教えてください(笑)。

 

とういうわけで読んでくれてありがとう!あでぃおすぐらっしあ~。