オタクノ作る時間

外に出ることを好まない学生による、映画やノベルゲームの批評を主とした非営利ブログです。

『ペルソナ5』 ネタバレなしの感想 紹介。

怒れ! クズみたいな大人を許すな!”

f:id:Lemuridae:20170717191711j:plain

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

舞台はどこかかしさを感じさせる田舎から、人々の意がはびこる都会へ。自分と向き合う子供たちの長の物語は、レッテルを張られた子供たちによる逆の物語へ。

ペルソナ4』でシリーズ作品に初めて触れて大満足し、同様の興奮を求めてプレイした『ペルソナ5』は、筆者の予想を大きく裏切る作品だった。しかし前作の多くの要素を覆しながらもこの最新作は、筆者に最高の満足感を与えてくれる大傑作なのだ。

 

 できれば先にこちらを読んでほしい↓

 

――とにかくタイリッシュ!!!!――

f:id:Lemuridae:20170718183534j:plain

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

本作はとにかく何から何までスタイリッシュ! 洗練されたユーザーインターフェイスや絵作り、異常なまでにセンスを感じさせる演出の完成度は、文字のフォント、ロード画面の演出1つを挙げても非常にクールで、まさに最高という言葉にふさわしい。赤を基調とした世界観に、レンズフレアを多用したバキッとした映像や、ルパン三世テイストのオシャレな音楽に加えて、ハードをプレイステーション4に移行したことによるグラフィックの格段の進化。フィルムノワールのような退廃した空気を持つ世界独特の魅力を存分に味わえる。この完成度は、まさに今世代JRPGの最高峰だろう。

 

 ――スケールが増した重な物語――

ペルソナ5』の物語は、高校生と怪盗の二重生活を描いた悪童物語。主人公が率いる“心の怪盗団”は、昼はただの高校生、夜は人々の心を盗む怪盗。このフレーズだけで心惹かれるものを感じないだろうか?

青春ものにしてジュブナイルものだった前作から一変し、ピカレスク小説の趣を感じさせる本作のダークな世界観は、筆者のなかの14歳を歓喜させた。国家を揺るがす陰謀に絡んだ物語は、前作から大幅にスケールアップし、総プレイ時間が80時間を超える大ボリュームをだれることなく完走させるのだ。

実を言うと筆者は、前作の底抜けに明るい物語に魅了された直後に本作をプレイしたので、プレイ当初は本当にびっくりしてしまった。話の導入は非常に暗く、そのダークで重い展開は予想していたものと全く違ったのだ。それは深刻に「これって、本当に楽しくなるのか…?」と不安視せざるを得ないほどだった。

しかし安心してほしい。今作はダークでありながらも本質は前作と変わらず、しばらく物語を進めると「あ、これは間違いなくペルソナそのものだ」と確信できるはずだ。もちろん新規ユーザーもシリーズに通底する楽しさをここで味わえる。

 

 

――魅力的なキャクター造形――

くせ毛で猫背、すらっとした長身に高い頭身。本作の主人公は『蘇る金狼』の松田優作や『カウボーイビバップ』のスパイクを思わせる少し皮肉屋かつ冷静な男(プレーヤー次第ではあるが)で、福山潤のボイスも含めて本作の世界観に見事に適応。そしてそんな主人公(我々プレイヤー)の仲間になる高校生たちはそれぞれが個性的かつしっかりと芯を持ったキャラクターで、抜群の魅力がある。前作の仲間たちにも引けを取らず、筆者は全員が愛おしかった。

交流を深め、キャラクターとの絆を生むことが目標となるこのゲームにおいて、キャラクターの魅力はイコール、ゲームそのものへの魅力に直結する。青春ものというフォーマットにおける人間関係や、レッテルを張らずに主人公たちに接してくれる数少ない大人のキャラクター、その中でも特に、性的魅力満載の成人女性キャラクターの造形なんかは本当に見事というほかない(筆者の趣味かも)

そしてキャラクターの魅力はいわゆる、味方のキャラだけにとどまらず、悪役側も見事。主人公たち(そしてプレイヤー)が憎まなければならない“クズみたいな大人”の絶妙なクソ野郎っぷりと肉体感は、完璧な憎たらしさを持って表現されている。

 

 

――進したゲーム性――

f:id:Lemuridae:20170718183510j:plain

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

ゲーム性において、本作は格段に進化した。フリーロームの探索要素は圧倒的なボリュームに進化し、都会の喧騒のなかを動き回るだけでも非常に楽しい。またRPGダンジョンに、“怪盗”という題材らしいステルス要素が追加され、ゲーム性を格段に向上させることに成功している。例えば、前作のダンジョンでは敵に奇襲を仕掛けるために相手が背後を見せるのをダラダラと待つ必要があったのだが、今回は壁への張り付きや高所からの奇襲など、それを見栄えの良いものに変更。ルパン三世やミッションインポッシブルで慣れ親しんだような怪盗ものらしいギミックがプレイヤーを待ち受けている。また、オートリカバーの追加や戦闘中のパーティの変更など、前作での不満点にもならなかったような些細な欠点を細かく補完していているので、全体としてはさらにプレイしやすくなった。上述したように演出もカッコよくなったので、これぞまさに正当進化だ。シンプルに動かしていて楽しい。

 

―― CAUTION!!!!――

一応、ここで『ペルソナ5』をプレイするにあたっての注意事項を書いておく。このゲーム、ボリュームが異常に多いので、忙しい人や働いてる人には辛いと思う。筆者のように学生とかじゃないとなかなかクリアできないというか、筆者ですら終わりがなかなか見えなかった。

それから中学生や高校生の諸君に、生意気にも大学生からの忠告。このゲームは中二病的魅力にあふれているので、たぶんそういうお年頃の人がプレイしたら影響されまくるというか、たぶん14歳の筆者がプレイしてたら凄く痛いことになっていたと思われる。ポケットに手を入れて歩いたり、不良ぶったり、自分には特別な能力がある!って勘違いは黒歴史を生むだけだと思うのでやめとこう。カバンに猫を入れて登校するなんてことは言うまでもなくしてはいけない。

 

 

――後に――

ペルソナ4』にドハマりして、もうこれを超えることはないだろうと思っていたら、次作はテイストを変えながらも、完成度としてはさらなる高みへと至っていた。どちらも目指している方向性が違うので、どっちが好きかは人によって異なると思うが、操作性や演出などはきちんと正当進化しているのが流石というか、素晴らしい。前作が大いに気に入った筆者も、どっちが好きか悩むほどハマった。

5作目にして、筆者にとってはシリーズ2本目にあたるので、もっとさかのぼってシリーズ作品を遊んでいきたいと思う。『ペルソナ5』は前作に引けを取らない、いや、超えているともいえる大傑作でした。

最後に、ペルソナ、恐るべし!!!!

 

ペルソナ5 - PS4

ペルソナ5 - PS4

 
『ペルソナ5』オリジナル・サウンドトラック

『ペルソナ5』オリジナル・サウンドトラック