オタクノ作る時間

外に出ることを好まない学生による、映画やノベルゲームの批評を主とした非営利ブログです。

『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』感想

f:id:Lemuridae:20171009230906j:image

(c) ATLUS (c) SEGA All rights reserved.

ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』(以下 P4D)をクリアしたのでその感想を書く。2015年発売のゲームなので、今さら感想を書くのもどうかと思ったのだが、最近ペルソナファンになったという、筆者と同じような状況にいる人には参考になると思うので…というか、してほしい。それでは長い前置きも必要ないので、さっそく始めていこう!

 

P4Dはペルソナ4のその後を描いた新ジャンルPサウンドアクション。要は音ゲーというやつである。実質的にはペルソナ4ファンに向けたファンディスクになっているので、少なくともペルソナ4をプレイしたことがないという人にはオススメできない。キャラクターの魅力ありきのゲームなので、ゲームとしての完成度は決して低くないのだが、そこでアピールしていくゲームではないと言えると思う。

f:id:Lemuridae:20171009230646j:plain

(c) ATLUS (c) SEGA All rights reserved.

 

基本的には非常にオーソドックスな音ゲーであり、流れてくるボタンを押していく、言ってしまえば手拍子スタイルのゲームである。音ゲーをほとんど遊んだことがない筆者にもとっつきやすく、難易度も複数用意されているので、40時間ほどプレイしていると最高難易度でも好成績でクリアできるようになった。このバランスは素晴らしいと思う。

お馴染みのキャラクターの掛け合いやノリを再び見ることができるのは非常に嬉しく、豪華声優陣たちのフルボイスとなっており、ペルソナ4が好きなら確実に楽しめる一本。音ゲーゆえに、当然のようにアレンジ音楽のクオリティは申し分ないのだが、遂にリアル頭身になったキャラクターのモデリングのクオリティも非常に高く、これが嬉しい。ロード時間もほぼないと言っていいほど短く、何度も繰り返しプレイすることになるこの手のジャンルのゲームとしてのストレスのなさは特筆すべきところだろう。このゲームをやっていると、気がつくと時間が経っている。

要するに、ペルソナ4が好きで音ゲーが好きならば必プレイのファンディスクだ。

 

f:id:Lemuridae:20171009231313j:plain

(c) ATLUS (c) SEGA All rights reserved.

 

…しかし不満もある。これはもう仕方がないことなのだが、ペルソナ4のファンディスクが出れば出るほど、本編ラストの感動は薄れてしまう。「このまま電車乗れば、二度と会えない気がして」というエンディング曲の歌詞が過不足なく伝えてくれた、グッとくる別れのラストが、青春のかけがえのない時間を見事に描いていたのに、あれからも何度も集まっているという続編を作られると、あのラストも興ざめになってしまう。みんな大人になって外見も成長してたのに、またあの頃の姿になる設定なんかも無理矢理感があって、しっくりこなかった。ストーリーも無駄に長い割に、意地悪な言い方をすると普通でしかないので、ノベルゲームとしての魅力はない。言ってしまえば蛇足。だがファンは蛇足でもいいからもう一度会いたい…なんとも深刻なジレンマだ。

 

というわけで、避けられない不満もありながら、40時間はプレイしてしまう面白いソフトでした。アニメーションの多さとかも特筆すべきほどで、確実に楽しめると思う。以上、読んでくれてありがとう。